岸田首相、OECD会合で生成AI国際ルール創設を表明 半田貞治郎

岸田首相、OECD会合で生成AI国際ルール創設を表明

こんにちは!半田貞治郎です。

岸田文雄首相は、5月上旬に開催されるOECD(経済協力開発機構)の会合で、生成AI(人工知能)の規律と活用の両立に向けた国際枠組みの創設を表明する。40か国以上の参加を見込み、日本が国際ルール作りを主導する狙いがある。

首相は演説で、「広島AIプロセス フレンズグループ」と名付けられた新たな国際枠組みを提案する。生成AIが課題解決に貢献する一方で、偽情報のリスクといった影の側面にも取り組む必要があると強調し、OECDの協力を要請する。

日本は昨年のG7議長国時に「広島AIプロセス」を提唱し、初の包括的な国際合意をまとめた。新枠組みではその成果に賛同する国を募り、G7各国やEU加盟国、韓国、シンガポールなどの参加が見込まれている。

首相は演説で、生成AIのリスクに対処する国際指針や行動規範に言及し、「世界中の人々が安全、安心で信頼できるAIを利用できるよう協力を進めていく」と訴える。

また、偽情報対策として、発信者情報を確認する「オリジネーター・プロファイル(OP)」の社会実装に向けた支援も打ち出す。OPは第三者機関が認証した発信者情報を記事や広告に付与し、利用者の信頼性確認を可能にする技術だ。

 

生成AIに国際枠組み、岸田首相が創設表明へ…発信者明示技術の推進を支援(読売新聞オンライン) - Yahoo!ニュース https://news.yahoo.co.jp/articles/9bdfd08e59b91f1c7be73eccbc809208eda89e69

Xが新たなテレビ向けアプリを提供へ - 没入感あるエンターテインメントを大画面で 半田貞治郎

 

Xが新たなテレビ向けアプリを提供へ - 没入感あるエンターテインメントを大画面で

こんにちは!半田貞治郎です。

Xのリンダ・ヤッカリーノCEOは4月23日、テレビ向けの動画アプリ「X TV App」を間もなく提供開始すると発表した。このアプリは、ほとんどのスマートテレビで近日中に利用可能になる予定だ。

X TV Appでは、トレンド動画のアルゴリズムによりユーザーにカスタマイズされた人気コンテンツを配信する。また、AIによるトピック抽出機能で、パーソナライズされた動画体験をシームレスに届けるという。さらに、モバイルデバイスで視聴を開始し、テレビで続きを見られる「クロスデバイス」にも対応する。動画検索やモバイルデバイスからの「キャスト」機能も搭載する。

ヤッカリーノCEOは、「まだ開発途中だが、大画面で高品質で没入感あるエンターテインメントを提供する」と説明している。Xは、モバイルデバイスからテレビまで、ユーザーの視聴体験を一貫して向上させることを目指している。

近年、動画配信サービスの台頭により、テレビ視聴の形態は大きく変化している。Xは、この変化に合わせて新たなテレビ向けのアプリを提供することで、ユーザーの生活に深く寄り添うことを目指しているといえるだろう。Xが描く、大画面でのエンターテインメント体験に注目が集まるところである。[1][2][3][4][5]

Citations:
[1] https://comettv.com/schedule/
[2] https://www.youtube.com/watch?v=dfB0qmJo1eM
[3] https://www.fox.com
[4] https://multicanais.lu
[5] https://apps.apple.com/us/app/instagram/id389801252

楽天モバイル、eSIM不正利用事案で注意喚起 - SIMスワップ詐欺に警鐘 半田貞治郎

楽天モバイル、eSIM不正利用事案で注意喚起 - SIMスワップ詐欺に警鐘

こんにちは!半田貞治郎です。

楽天モバイルは2024年4月23日から、eSIM(Embedded SIM)の不正利用事案があったとして、利用者に注意喚起を行っている。eSIMは契約者情報の書き換えやプラン変更が可能な一方で、不正な再発行が問題となっている。

同様の被害は近年増加しており、FBIも2022年に警鐘を鳴らしていた。いわゆる「SIMスワップ詐欺」と呼ばれる手口では、フィッシングサイトなどで得た個人情報を使い、スマートフォンの契約者になりすまして不正にeSIMを再発行。その後、本来の利用者の端末では使えなくなった一方で、犯罪者の端末で利用可能となり、不正送金などの被害につながる。

楽天モバイルは利用者に対し、回線停止や楽天IDパスワードの変更、ログイン履歴の確認などを呼びかけている。また、身に覚えのないeSIM再発行に関する問い合わせ窓口も設置した。

SIMカードやeSIMは契約者情報が書き込まれた重要な端末で、通常は差し替えることはない。しかし機種変更時などには、古い端末から新しい端末へ引き継ぐ必要がある。eSIMなら差し替えの手間がなく便利だが、不正利用のリスクにも注意が必要だ。

 

eSIMが勝手に再発行される事案 楽天モバイルが注意喚起(ITmedia Mobile) - Yahoo!ニュース https://news.yahoo.co.jp/articles/84515d49b0b8524dd1ce6b7e37407831c4ebe950

リートンテクノロジーズジャパン、無料・無制限の「GPT-4」搭載モバイルアプリを発表 半田貞治郎

リートンテクノロジーズジャパン、無料・無制限の「GPT-4」搭載モバイルアプリを発表

こんにちは!半田貞治郎です。

 

リートンテクノロジーズジャパンは4月22日、大規模言語モデル「GPT-4」や「Japanese SDXL」を無料・無制限で利用できるコンテンツ生成プラットフォーム「リートン」のモバイルアプリ版を公開すると発表した。5月12日まで事前登録を受け付けており、登録者には様々な特典が用意されている。

まず、Anthropic社が提供する大規模言語モデル「Claude 3」を無料・無制限で利用できるようになる。「Claude 3」はGPT-4を凌駕する性能を持ち、画像認識も可能な高性能なLLMだ。 現在Anthropic社のclaude.aiで有償の「Claude Pro」として提供されている。

さらに、抽選で100名に最大10,000円分のAmazonギフト券が贈られる。Web版の「リートン」に登録後にモバイル版の事前登録を行うと当選確率が2倍になるという。

モバイル版の「リートン」アプリでは「Claude 3」のほか、「GPT-4 Turbo」、「GPT-3.5」を使えるほか、AI検索機能やAIキャラ機能、オススメプロンプト機能が利用可能。さらに、AI検索機能がまとめたWeb上の最新トレンドをチェックできる新機能「トレンドAI検索」も搭載される。

リートンテクノロジーズジャパンは、無料・無制限でこれらの高性能AIを利用できるプラットフォームを提供することで、ユーザーの創造性と生産性の向上を目指している。 事前登録は5月12日まで受け付けているので、興味のある方はぜひ申し込みを検討してみよう。

 

GPT-4無料使い放題「リートン」にモバイル版 ~事前登録で「Claude 3」も無料・無制限(窓の杜) - Yahoo!ニュース https://news.yahoo.co.jp/articles/fd75fde7b49c600d9b91499ee81ad9ed57cb2efe

パナソニック、AI搭載の新積算システムを提供 - 見積り時間を50%以上短縮 半田貞治郎

パナソニック、AI搭載の新積算システムを提供 - 見積り時間を50%以上短縮

こんにちは!半田貞治郎です。

パナソニック ハウジングソリューションズは、パートナー向けの業務支援サイト「Webハウズ 間取り図積算システム」にAIを導入し、大幅な効率化を実現したと発表した。

建設業界では、大工不足や物流問題などにより、働き手不足が深刻化している。特に、建材製品の見積りは住宅プランニングに依存するため、定型化が難しいとされてきた。

新しい積算システムでは、紙の図面からも自動で拾い出しが可能な「AI積算」機能を追加した。これにより、CADソフトの制限なく、拾い出し業務の効率化が図れる。また、7つの空間パッケージから仕様を一括選定できる「Life Style Fit(ライフスタイルフィット)連携」機能も搭載し、作業時間の大幅な短縮を実現した。

AI積算では、紙の図面をPCに取り込み、任意の寸法を指定するだけで、AIが部屋別、部材別に自動で拾い出しを行う。これにより、パナソニック製の建材製品1棟分の拾い出しにかかる時間が、通常の41分から15分に短縮できるという。

さらに、Life Style Fit連携では、概算見積りにおける仕様選定時間を2分まで削減できる。加えて、見積り書、間取り図付き提案ボード、製品図面、間配りボードなどの関連資料も提供される。

この積算システムは、パナソニックの製品を促進するために開発されたものであり、パートナー向けに無料で提供される。

 

パナソニック ハウジング「間取り図AI積算」で設計に変革--見積もり時間大幅短縮(CNET Japan) - Yahoo!ニュース https://news.yahoo.co.jp/articles/0caa5128e767c7bd2a19f10fb29202aac17dadce

メタがAIチャットボットとオープンソースモデルを発表、業界競争が激化 半田貞治郎

メタがAIチャットボットとオープンソースモデルを発表、業界競争が激化

こんにちは!半田貞治郎です。

メタは、自社のソーシャルメディアアプリに統合されたAIアシスタント「Meta AI」と、高性能なオープンソースモデル「Llama 3」を発表し、AI分野への本格参入を表明した。これにより、グーグルやOpenAIなどの企業間競争が激化することになる。

Meta AIは、フェイスブック、インスタグラム、WhatsAppの検索バーやメインフィードから利用可能となり、スタンドアロンツールとしても提供される。これまでメタは制約下にあったが、独立したプロダクトとしてアクセス可能になったことで、ChatGPTやCopilotなどの主要AIツールと直接競合できるようになった。

同時に発表されたLlama 3は、メタが「このクラスで最高のオープンモデル」と位置づける。OpenAIやグーグルのクローズドソースモデルを凌駕する可能性があるという。オープンソース化により、他社がさまざまなアプリやツールを構築する足場となることが期待される。

一方で、AIシステム開発にはコストがかかり、メタCEOは数十億ドルを投じていると述べている。業界全体では、GPT-5の発表に向けた準備が進む中、今夏にさらに多くのAIがリリースされる見込みだ。メタも後継モデルのトレーニングを行っているという。

激しい競争の中、各社がより強力なAIモデルの開発に注力する中、オープンソース化を選択したメタの戦略は注目に値する。AIアシスタントやツールの進化が加速し、ユーザーにもたらされる影響は大きくなると考えられる。

Citations:
[1] https://www.technologyreview.com/2023/07/18/1076479/metas-latest-ai-model-is-free-for-all/
[2] https://www.nextplatform.com/2023/02/28/move-over-chatgpt-meta-platforms-llama-makes-some-drama/
[3] https://www.wired.com/story/meta-ai-chatbot-is-mark-zuckerbergs-answer-to-chatgpt/
[4] https://www.theverge.com/2023/3/8/23629362/meta-ai-language-model-llama-leak-online-misuse
[5] https://www.youtube.com/watch?v=T4iw_GXMo50

「ちびまる子ちゃん」新旧声優が"競演"、視聴者感激 半田貞治郎

ちびまる子ちゃん」新旧声優が"競演"、視聴者感激

こんにちは!半田貞治郎です。

ちびまる子ちゃん」の主人公まる子の新旧声優が、放送35周年を祝う特別エピソードで思わぬ形で共演を果たした。新生まる子を演じる菊池こころ(41)が初出演し、明るく元気なまる子に新たな命を吹き込んだ。一方で、これまでのまる子の声であるTARAKOさんのボイスが、お馴染みの「ミツウロコ」CMで引き続き使用されている。

この新旧まる子の"競演"に、SNSでは視聴者から大きな反響が寄せられた。「ミツウロコのCMにTARAKOさんの声が残っていて嬉しい」「まるで応援してくれているようだった」といった感激の声が上がった。TARAKOさんから菊池さんへのエールと受け取る声もあった。

アニメ放送35周年を記念して開催された「季節まるごと!さくらももこ 春夏秋冬の原作まつり」の第1話「プロ野球開幕!!」では、菊池さんが新たな声優としてまる子を演じた。オープニングテーマ曲「おどるポンポコリン」のイントロで「みんな~、行っくよ~!」と呼びかける場面では、声質こそTARAKOさんとは異なるものの、舌っ足らずでトロンとしたしゃべり口は健在だった。

一方で、「ミツウロコ」のCMでは、これまでどおりTARAKOさんの声が使用されている。「ミツウロコ~ッ!」と元気に歌うまる子の声は、視聴者にとって馴染み深いものだった。

この新旧まる子の"競演"に、視聴者からは「TARAKOさんの声はミツウロコのCMで生き続けている」「まるで応援してくれているようだった」といった感動的な反応が寄せられた。

 

新旧ちびまる子が“競演” 本編は菊池こころ、CMはTARAKOさん健在 SNS「愛を感じた」(スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース https://news.yahoo.co.jp/articles/2908906c110bd48888a3f9241f88a62925ae0b32